2015年01月02日

おせち料理 娘がバイト先で購入



妻が新年の食卓に、おせち料理を並べました。少しでも正月気分を、という心配りでしょうか。

それを眺めて、前に長女が買って来た、おせち料理を思い出しました。
ずっと前の山形時代、それも長女が高校生だったころの話です。

そのころ長女は、コンビニでアルバイトをしていました。
高校生になって、ずっと続けていました。

ある年の暮れのこと、「おせちを注文したから、あした持ってくるから」
 全く聞いていなかった唐突な話でした。

「あそう、いくら?」返事は確か「2,500円」 
私立高校に入って、お金のかかることは相当いいにくかった様子でした。

お正月は、そのおせちをいただきました。
ちょうどその時は、妻が遠方に行ってて、不在だったし。


その後、コンビニのアルバイトにも、ノルマがあるようだということを知りました。
「クリスマスのケ−キ」や「おせち料理」考えれば、いろいろ出てきそうです。

自分で購入しろということではないようですが、注文をとって欲しいといわれるとか。
結果的に、自分や家族の購入となる場合もあるとか。

もしかして、長女の場合もそうだったのかな、そんな考えになりました。
そこで、さっそく聞いてみると、返事のメ−ルがありました。

答えは「なんだっけ それ?」

年を重ねた父親には、なつかしい思い出話でも、若い娘には忘れてしまった遠い昔話のようです。




posted by まさむね at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめFX業者