2014年12月24日

おしどり、青葉城のお堀に  



青葉城のお堀に、おしどりがいます。
これを知ったのは、ずいぶん前だったような。

お堀端で、泳いでる鳥を眺めているうちに、「あれ、もしかして」と様子を見ていました。
はたして、それは懐かしい? おしどりたちでした。

おしどり4.jpg
http://kamoltd.blog110.fc2.com/blog-entry-462.html


懐かしいといったのは、理由があります。
子供の頃の動物絵本には、必ずと言っていいくらい、おしどりが載っていました。

そのきれいな羽模様が、子供の興味を誘ったのでしょう。
でも、実際に見た記憶は、まるではっきりしないくらい、憶えていません。


なんどか見ているうちに、その習性がわかってきました。
朝方、泳ぎだしてくるのは、他の水鳥よりも遅い時間のようです。

堀端の歩道とは反対側の岸辺に、ねぐらがあるようです。
ちょうど、博物館の側になります。

おしどり夫婦の名の由来になったごとく、夫婦つがいで泳いでいます。
あのきれいな羽模様はオスだそうで、メスはそれに比して地味な感じです。

他の水鳥とちがって、なかなか歩道の方には近づいてきません。
警戒心が強いのかな、なんて思っています。

でも、ぐっと近づいて見れるラッキ−なときがあります。
それは、えさをあげている人がいたとき。

どうも、定期的にえさを与えているようで、たくさんの鳥が近づいてきます。
このときばかりは、鳥にとって至福の時とみえて、警戒心も緩むのかも。


今は氷の張る季節になりましたが、それでもおしどりは見られます。
早朝ではなく、日が射してきた、そのあとのほうがいいです。

仙台に住んでいる姉に、この話をしたら「どこどこ、知らなかった」という言葉。
青葉城のお堀におしどりがいることを、まだ知らない人が多いのかもしれません。





posted by まさむね at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411211739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。