2014年11月09日

 オスプレイ仙台に  大歓迎でしょう!


オスプレイ1機が7日午前、仙台市若林区の霞目駐屯地に到着した。

8日までの、大規模災害訓練「みちのくALERT(アラート)2014」に参加するためである。


この少し前に、我が家にチラシが投函された。

「オスプレイ反対」のチラシだった。


それを読んだ率直な感想は「あの大震災は風化している」ということ。

よく報道で、震災があったことを風化させてはいけないといっている。

しかしそれが、被災地たる仙台市でおこっている。


この人達は、震災に遭っていない地元外の人たちか。

それとも、ほとんど被害のなかった人たちか。

どちらにしても、震災を他人事としか感じなかった人達であろう。



震災直後、取り残された被災者にとって、自衛隊やアメリカ軍は、まさに神様であった。

寒さや空腹に耐え、家族の安否もわからず、外部との連絡も情報もない・・

そんな体験をした方々には、大規模災害訓練は歓迎されている。


テレビの報道で、オスプレイを見た被災者が「頼もしい」といったその言葉が、すべてを物語っている。








posted by まさむね at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408630738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。